Based in New York and Tokyo, we design projects ranging in type and size from small residential works to large scale urban interventions, that change the urban character of the city. We also design architecture within a wide range of budgets making use of under-utilized materials. Through our work we strive to understand the differences and similarities of perception, materiality and space between western and eastern culture. Our application of Origami into the scale of structure is one example. Our approach is not to emulate arbitrary free forms clad with multiple flat planes that looks like origami, but instead to develop unique forms respecting mathematical folding rules which makes form making more restrictive but also heuristic and experimental  > next page

 

私たちは東京とニューヨークの両都市を基盤にして、どのような場所へも設計をしています。建物の規模や種類は小さな住宅から都市計画的なスケールのプロジェクトにまたがっています。予算についても、通常使われない素材や可能性のある素材を開拓することで、予算の潤沢な建物から廉価なものまで区別なく設計をします。 建築のデザインを通して、いつも東洋と西洋で物と空間に対する観念や認識の違い、逆に同じ部分があるのに驚かされます。私たちは単に東洋と西洋の単なる混合を越えて、より深い部分で啓発されたいと思っています。私たちがオリガミを建築のスケールで応用しようとするのはその一例です。三角面で包んで、外観だけオリガミのように見える「自由な形」の建物を作るのではなく、数学的な厳しい制限の下でオリガミを応用することで、実験的な新しい形を見つけたいと考えています。   >次ページへ

 

blog,ブログ

http://yoshiharamckee.wordpress.com/