We approach each project as a unique opportunity to collaborate on issues of culture and environment. Every project provides new challenges. We continue to test our architectural ideas in the theoretical world of competitions yet know the ultimate test of an idea is to see it built. We are developing ideas about integrating architecture and landscape architecture. Typically, projects are divided into different professions and developed separately, then combined later. We are working under an understanding that both can be integrated into one activity from the beginning and contribute to the whole design; garden elements are equivalently treated as architectural elements: wall, floor, window, and vise versa. This approach will open up a different dimension to architectural design.  > next page

 

美しい建築は精神を高揚したり、心を安らかにしたり、世界をより善いところにする力があると信じます。見栄えや使い勝手の良さだけが建物の価値ではなくて、建物はより良い生き方の助けとならなくてはなりません。心と感性を豊にする、それが美しいと言うことだと思います。想像力はお金に制限されません。安くても、素材の独創的な使い方をしたり、創造的な空間をデザインをすることで、豊かな建物にすることができます。 自然を友にすることも人間が善く生きるためには欠かせません。緑に親しめること - 窓から見える一本の木はエネルギーと潤いを与えます。 私たちは建築と庭園を統合したいと考えています。これまでのように建築が第一で、残りの敷地を庭園が埋めるというデザインの方法をやめ、庭園と建築との区別をなくします。庭園の石や樹木、水を建築の壁や床や窓と同様な空間デザインの要素として扱います。それは単に混ぜ合わせではなく、そこから実験的な新しい建築・庭園の在り方を見つけられると考えています。  >次ページへ

 

blog,ブログ

http://yoshiharamckee.wordpress.com/