INTERNATIONAL MULTIPLE SCLEROSIS MANAGEMENT PRACTICE - phase 3


The renovation of the space was done to seamlessly link the new patient and staff amenities with the MRI imaging center and stem cell laboratory developed in the previous phase. The new uses were developed with the same 3 design goals of the first phases; to create livable spaces that link clinical work with research, develop spaces that are bathed with light and inspire patients and staff to develop a cure.

 

The “Blue Wall”, developed as part of the phase 2 project was ready to be taken down to reveal additional patient and staff spaces, for the next expansion of the IMSMP. The new facilities include a Wellness Center that focuses on occupational and physical therapy as well as dietary concerns. Within the Wellness Center are a kitchen, a “gymnasium” and treatment rooms, providing rehabilitation services to patients. The kitchen is a space to learn about holistic healthy cooking and also doubling as a gathering space for classes, exercise sessions and lectures.

 

This portion of the project also includes a staff lounge for the expanding facility. The lounge takes advantage of the large windows and is the focal point of staff life.

 

Laboratories are located in the internal spaces allowing staff and patients to take advantage of light filled spaces.

 

http://imsmp.org/

http://www.msrcny.org/

国際多発性硬化症医療研究所 第3期プロジェクト



この改修は第1期と2期で開発された MRI センターと幹細胞研究所に加え、患者とスタッフのための新しいアメニティを繋ぎ目なく接続するために行われた。新しい用途は、当初のフェーズと同じ 3 つの設計目標で開設計された。すなわち、臨床と研究を結びつける住みやすい空間を作り、光が降り注ぐ空間を開発し、患者とスタッフに治療法を開発するよう促することであった。

 

第2期プロジェクトの一環として建設された「青大壁」は、次期拡張のために解体される準備ができていた。新しい施設には、食事療法だけでなく、作業療法や理学療法に重点を置いたウェルネス センターも含まれている。ウェルネスセンター内には、キッチン、ジム、治療室があり、患者にリハビリテーションサービスを提供している。キッチンは、ホリスティックな健康食を学ぶスペースであると同時に、教室、エクササイズ、講義のための集合スペースとしても機能する。

 

この拡張プロジェクトには、スタッフラウンジも含まれている。ラウンジは大きな窓を活かし、スタッフの生活の中心となっている。

 

検査室は内部スペースにあり、スタッフと患者は明るいスペースを利用できる。

 

http://imsmp.org/

http://www.msrcny.org/