INTERNATIONAL MULTIPLE SCLEROSIS MANAGEMENT PRACTICE


This facility houses a clinic and research laboratory specializing in the treatment of multiple sclerosis. Doctors and researchers collaborate daily to find a cure for this disease. Two large floors (58,000 sf) of a midtown Manhattan building were selected for this mission.

 

The first objective for the design was to integrate the clinic and the research laboratory organically and simply. The layout enhances communication among the staff and inspires interaction between the clinic personnel and the research scientists. The visibility of the research laboratories gives patients, doctors, nurses, and researchers a fighting spirit and hope to cure this disease. The second goal was to provide the patients of the practice with a livable space, not just a clean and functional institute. The bright colors and wood finishes contribute to the comfortable atmosphere. The lighting of the round column capitals reinforces this by providing a focus and rhythm to the large interior spaces. The third objective was to introduce light into the deep interior spaces. Glass clearstories at the perimeter rooms distribute and maximize the light into the corridors and the main corridors end in spaces with windows to the exterior avoiding a confusing maze, providing a view and an orientation point.

 

The facility is being built in phases and soon a wellness center and research laboratory will be built behind the folded blue divider. At that time this wall will be tucked up like a stage curtain, and the whole facility will emerge. The walls and ceilings were planned to smoothly integrate into the final design. This temporary view will be seen until then. Inexpensive materials and paint finishes were used with the understanding that they would be short lived and soon replaced.

 

http://imsmp.org/

http://www.msrcny.org/

国際多発性硬化症医療研究所



この施設は、多発性硬化症の治療を専門とする診療所と研究所を備えている。この難病の治療法を見つけるためには医師と研究者の協力が不可欠で、この使命のためにミッドタウン マンハッタンの建物の 2 つの大きなフロア (58,000 平方フィート) が選ばれた。

 

デザインの第一の目的は、診療所と研究所を有機的かつシンプルに統合することである。このレイアウトは、スタッフ間のコミュニケーションを強化し、クリニックのスタッフと研究者の間の相互作用を刺激する。研究施設、治療施設が相互に見える事は患者、医師、看護師、研究者に闘志をと希望を与える。 第二の目標は、診療所の患者に、清潔で機能的な施設だけでなく、住みやすい空間を提供することである。明るい色と木の仕上げが快適な雰囲気に貢献している。円柱の柱頭の照明は、広い内部空間に焦点とリズムを与えている。 第三の目的は、深い内部空間に外光を導入することである。外壁に面する部屋には廊下との間にガラスの欄間が設けられ、光を廊下に分散させる。主要な廊下は直線的に伸び、突き当りは外部への窓のあるスペースになることで、外部の感覚と、込み入った施設の中で、現在位置の感覚を提供する。

 

施設は段階的に拡張されており、すぐにウェルネスセンターと研究所が青い長い壁の後ろに建設される予定である。その時にはこの壁が幕のように巻き上げられ、施設全体が浮かび上がる。すぐに解体されることを考慮して安価な材料と塗装仕上げが使用された。上下両方のフロアが同じような配色で統一されている。

 

http://imsmp.org/

http://www.msrcny.org/