GREEN POOINT LIBLARY, NEW YORK

 

This project is an addition to a public library in Brooklyn. The existing ground floor will be maintained and a 2nd floor education and environmental center will be added above the existing structure. The site is located at an intersection of the Brooklyn residential street grid. Unfortunately there are no landmarks or significant urban structures so that the library has no public context within the neighborhood, giving the impression it has been thrown in or just happened to be there. Luckily a subway exit is located nearby and a gentle slope extends towards the library and from the new upper floor the view across Brooklyn and into Manhattan is visible. With an undefined budget, no program and no drawings of the existing structure, we proposed… 

• A gentle slope from the intersection to access the new addition creating a promenade to the library. The new addition will recompose the existing spaces allowing the flow of users to be screened by folding layers while keeping transparency along the street.

• By projecting the building to the street at the intersection the addition will work as a beacon. A new roof terrace visible from the street will be used for gatherings encouraging community interaction. As you approach the library you will see the whole building gradually unfold.

• Growing elements reinforce the use of the building as an environmental center; the walls will change with the season. Plants will be used as one of building materials like metal panels or glazing instead of added elements or attachments

• The addition is frugal and transforms the original so that they are transformed together.

 

The project is currently engaged in fund raising.

 

グリーンポイント図書館、ニューヨーク


ニューヨーク市立図書館の増築プロジェクトである。既存の一階部分をほぼそのまま再利用し、その屋根の上に持続可能社会の教育と展示をする環境センターを加えるという計画である。敷地はブルックリン、一帯が碁盤目の通りで出来ている地区の中の一交差点にある。残念ながら、付近にはこれという施設や都市構造がないため、図書館は街との脈絡を持たず、たまたまそこにあるだけという印象を与える。幸い地下鉄駅の小さな出口が近くにあり、そこから伸びる緩やかな坂の先に既存図書館が見えてくる。そこに至ると、次の町並みが開け、振り向くとマンハッタンの高いビルが見えるという景観を持っている。 予算、規模は未明、既存建物の図面は不明、さらに、建築家を特定する特徴は出せないという条件下で、私達が提案したのは

 

• 地下鉄出口からのスロープを図書館へのプロムナードとして捉え、その勢いを殺さぬよう、むしろ補強して建物を再構成すること。壁や床の層がこの通りに並行に折りたたまれたように表現して、プロムナードの方向からは建物の背後まで視線が通るよう透明にする
• 交差点上で、通りに対して垣間見えている建物の一部が図書館の存在をはっきり示すようにすること。この部分はテラスにして、人々が集まり憩う様子が周辺に染み出すようにする。建物が見えて来るに連れて、全体像がこの部分と融合する。
•.これまで都市緑化として行なわれてきた作法、つまり植物を付加物・装飾として使うのではなく、建物の部品・素材として扱うこと。
• 増築だが、そのように見えないこと。そのためにデザインされたように見えること。質素であること。

 

これらの絵はファンドレイズのために用いられた。