MARIKO MORI ART STUDIO RENOVATION


This project is a renovation of an existing office space for an artist of international renown.  The program includes a studio and exhibition space for her art work, a conference and meeting room, and offices for herself and her assistants.

The site is located on the top floor of an historic Chelsea office building. Visitors are introduced to the exhibition area through a corridor, and then face a spectacular unobstructed view of the New York skyline. Although this view is why the site was chosen, the windows extend the full length of the exhibition space and can distract from the concentration required for the art works.

 

We proposed fabric mesh screens to diffuse the light from the windows and mask the view.  This created a sense of enclosure and focus for the studio exhibits. The screens and minimalist palette provide a background for the artist’s work. The surrealistic misty view reminds visitors of their location in the heart of midtown and quietly suggests a unique relationship between the art and its location in the New York City art world. 

 
 

森真理子アートスタジオ、マンハッタン


このプロジェクトは国際的に知られているアーティストのアトリエの改修である。作品の展示空間、会議室、オフィス、アシスタントのスタディーが含まれている。


場所はニューヨークのチェルシーのオフィスビルの最上階にある。入り口から続く廊下を経て展示空間に案内されてると、人はそこでニューヨークのすばらしいスカイラインの眺望に対面する。この場所がアトリエに選ばれた理由である。しかし、この眺望をもたらす窓が、展示空間の全長に渡っているため, 展示される作品への集中を散漫にするおそれが感じられた。

 

われわれの提案は窓全体に大きなガーゼのような布でできたスクリーンをはめこんで、外からの像を調整することであった。眺望は霧を通したようにやわらかく半透明になり、ミニマルなデザインとあいまって、展示作品の背景となる。アトリエに落ち着きと集中の感覚がもたらされている。訪問した人はスクリーンを通してみえる超現実的な像を通して、ミッドタウンの中心に居ることを感じつつ、アートとニューヨークのユニークな関係に想いをめぐらす。