ENERGY BEACH  

In Seattle 24km 4 lane floating bridge made of 33 floating concrete pontoons connects downtown Seattle with Washington Island. The bridge will be decommissioned in 2014 and a competition was held to ruse the existing infrastructure. Our proposal calls for transporting the pontoons to Puget Sound and utilizing them to generate electric energy from the force of gravity. The pantones are divided into two branches and the water in between is separating from the cold water below with a large membrane and warmed by the sun. The shore of Lake Washington divided into private properties and there is little pubic shore left, on the other hand Puget Sound is still open to the public, but the water is too cold to enjoy beach life even in the summer. Our proposal is to provide a public water front beach with the relocated floating bridge. This Energy Beach generates electricity utilizing the lunar energy and heats the water utilizing solar energy. The Energy Beach is designed to take advantage of the sun and the moon together

 

Calculation of Power Generated

Volume above the water level

--3mx70mx18.6m x103x33 pantones=1.29 x100000000 m3

Buoyancy

--9.8 x 1.29 x 100000000kg = 1.26 x 1000000kN

Potential energy between low tide and high tide

--2.5 m x buoyancy =3.15 x 1000000kJ

Electric energy (90 % efficiency) generated twice a day

--3.15 x 1000000kJ x 0.9 x 2 = 57000000kJ

The system will utilize a computer controlled height synchronizing system to align the pontoons. The electrical generator has a speed increasing mechanism to transfer the force of lifting to rotation.

 

エネルギービーチ

 

シアトルにあるワシントン湖には長さ24キロ、4車線の道路の浮き橋があって、シアトルと対岸を結んでいる。ここに新たに浮橋をかけることになって、今の橋が他の場所へ引退することになった。われわれの提案はこの橋を潮の満ち干のあるプジョー湾に浮かべ、その浮力を利用して重力エネルギーを発電に使うこと。そして、橋を二つに分けて、間に膜を張り、その間の水を太陽熱で海水を暖めつことで、夏でも冷たくて泳げなかった市民に海水浴ができるようにしようというものである。ワシントン湖の湖畔は個人の所有地でほぼ分割されきっていて、公共が楽しめる岸はほとんどない。一方、プジョー湾は公共に開けているものの、水温が冷たくて、楽しめる場所ではない。そこで、ここに、ウォーターフロントを作ろうというもくろみである。潮力発電は月によって作られた引力のポテンシャルエネルギー、海水を温めるのは太陽の輻射エネルギー、月と太陽を両方一緒に利用しようというアイデアである。

 

潮力による発電量の計算

水面上の体積

---3mx70mx18.6m x103x33個=1.29 x100000000 m3

浮力

-- 9.8 x 1.29 x 100000000kg = 1.26 x 1000000kN

満干潮の間の重力ポテンシャルエネルギー

--9.8 x 1.29 x 100000000kg = 1.26 x 1000000kN

発電量 (90 % 効率) 一日二回の干満

--3.15 x 1000000kJ x 0.9 x 2 = 57000000kJ

コンピューターによる高さ同調装置を用い、常に浮き箱の喫水が同じになるよう自動調整される。増速装置によってケーブルのゆっくりした動きが発電に有効な回転速度に変換される。